ブログトップ

LiKE tHIS. ライクディス

epochripsf.exblog.jp

☆Fun9 Bless U !!!☆愛とファンクとオモロとヒラメキ。アモリと申します。

Thank You For Let Me Be Myself.

a0087950_1949408.jpg

エヴァ全巻、やっと見たぞ!
さんざんマニアみたいなこと言っといて、まだ全部見てねぇじゃねぇか っていうセルフツッコミも、
途中までしか見てなくてよくそんなにハマれるねぇ って友達に言われたのも;
今日でおしまいさぁ!w

そう、たしかに、元来の収集癖&ミニチュアもの好きで、
グッズ集めに、見切り発車で走っていたわけだが、
最後まで見て、良かった!
ビデオも全巻買っといて良かった!もっかい最初っから見たいもん
やー90年代にこんなスゴイもんが出来てたなんて、アタシゃ遅すぎですよ。
ま、そんなひとのためにも、新劇場版が始まって、ブーム再燃は非常にありがたい。
エヴァをとりまく 商魂 に見事に踊らされそうな自分が、てかもう半分踊らされてましたけど、
たとえばガンダムがいまだにずっと続く、ほぼひとつの文化ぐらいになってる一因として、ガンプラっていうのがあるじゃない?
作品から派生して、グッズ自体もブームになっていったわけで。
エヴァもグッズの多さったらハンパなくて、今度はフィギュアブームになっていって、
そのへんの商魂のたくましさは、買う側としてはどうしたって、"憎みきれないろくでなし"(byジュリー)なんだけど、
作品がやっぱり、最終的にアタシは、胸いっぱい非常にすがすがしく見させていただいたので、
なんも文句ないス。これからも心置きなくハマらせていただきます。

前にも書いたけど
作品は、作者のエゴで作られて、大いに結構!
庵野秀明、万歳!変態、万歳! ですw。(いい意味で。)
エヴァの前に彼氏彼女の事情を見てて、
GAINAXアニメが、凝りすぎて放送に追いつかなくなってるような様(静止画、回想、総集編が多い;)は、知っていたので、
それでもあまり無理は感じなかったし、
原作が別にあって、ものすごいぶったぎりで終わっちゃったカレカノよりは、
劇場版もつなげて、ちゃんと終結してたし。
劇場版ともなると、えらく壮大で、なんか宗教や神話チックになっていくのか?と思わせつつ、
誰もが我にかえって考えるような、普遍的な、生死観や思春期の気持ちが根幹にあって、
少しつき離されそうになってもまた戻される。
どん底まで絶望に落とされそうで、救われたかと思えばまた落とされ、
でもなんか最後にはすがすがしかったんだよね。

去年、新劇場版:序にあわせて、めざましテレビで特集があったとき、
前の劇場版の公開時、同じ頃公開された宮崎駿監督の「もののけ姫」のキャッチコピーが 「生きろ。」 だったのに対し、
エヴァは 「みんな死んでしまえばいいのに」 だったと比較していた。
そういえばアタシはその頃、もののけ姫を映画館に3回見に行くぐらいハマって、
正直、人生変えられた映画と言ってもはばかりない。
あの映画からアタシは希望をもらった。
”新世紀”エヴァンゲリオン が示すとおり、このころ世はまさに世紀末。
小さい頃から、ノストラダムスの大予言を、ぼんやり信じて生きていてしまったアタシら世代には、そんな希望が必要だったのだろう。
宮崎監督も、子供たちに希望を見せたいとおっしゃっていたと記憶する。
エヴァにも、同じような希望が、あるような気がする。

でもエヴァの方が、その頃のアタシにはまだまだ受け入れられないくらい、
エグい思春期の葛藤があるから、
うん、今見れて良かったんじゃないかな。
ま、でも実はアタシ、まだ自称思春期だからねww無罪モラトリアムだからねwww。
アタシにエヴァを教えてくれたしょこたんは、
ファーストコンサートで、亡き勝彦パパの曲を始めて歌って、
(いなくてさみしい気持ちからの)長い反抗期が終わった気がします と言ってたんだけど、
アタシの長い思春期も、そろそろ出口が見えるかな
まだまだじたばたもがくとは思うけど
 アタシのやりたいことが 見えてきた気がする。
少し、力が湧いてきそうな。
きのうは、ちょっと、どんよりを抱え込んでいたんだけどな。
アタシの気分はいつだって長続きしないからな、
そうだ、悪い日もちゃんと終わる。

なんかすがすがしいんですよ、とにかく。
見終わって、シャッフルで聞いてた曲の中で、耳に止まった言葉は
Thank You For Let Me Be Myself.
そしてなんとなく思い出したフレーズは、
 あなたが元気な日はそっと傍に居たい

酸素と海とガソリンと沢山の気遣いを浪費して

明日も生きる。
 Like This.
[PR]
by epoch_ripsf | 2008-01-26 19:49 | アニヲタ初心者道