ブログトップ

LiKE tHIS. ライクディス

epochripsf.exblog.jp

☆Fun9 Bless U !!!☆愛とファンクとオモロとヒラメキ。アモリと申します。

カテゴリ:アニヲタ初心者道( 61 )

a0087950_22471283.jpg

↑ のような一連の流れで、アタクシは念願だったヲタクの道へと。

このブログをやめていたのも、実は
しょこたん☆ぶろぐを見始めたら、すっかりしょこ語に洗脳されてきて。
しょこたん自身は、「流行語大賞選ばれたけど、ギザカワユスって使ってるひとほんとにいるの?」っていってたけど、
あ、います。(--)/
カワユスなぁーカワユスよぉー がひとりごととして頻繁に口をついて出ます。(主に最近はケータイの待受にしてあるKinKiちゃんラブラブ写真を見ながらw。)
最近では、「カワユッサユッサ」と、カワユさがたわわになる程 という新語も開発しました。
んで、なんかブログ書いててもしょっこしょこになってきそうだったので。
自分的に、言うのは良くても、文章にしてしまうと、 おまいが言うな というセルフツッコミが入りそうなので。
まぁ、ちょいちょい出るとは思いますが。
逆に日常会話にしょこ語がすっかり定着したので、文章は文章として書けたり。


そこで、しょこたんスキーになったきっかけですが。
まずは歌でしたよ。
しょこたんは非常に良い声。大変素直な発声。
かわいくて発声の良い娘はだいたい好きです。でも どーでしょーうまいでしょー的なR&B美女とかは、あんまり。
素直に一生懸命歌ってるようなかんじが好きなのです。
そして、 常に瓶入りの胃腸薬を持ち歩いてるような、気の弱いとこもありながら、(いつもアタシは、ちゃんと病院行って薬もらいぃよ と思ってるお)
ほんとに 貪欲に 芸能界をサヴァイヴして、
家に帰っても、絵描いたり猫たちと遊んだりコスプレしたり。
毎日を七転八倒楽しそうに生きてるしょこたんを、微笑ましく見守りたくなるのですね。

そんでなんだか自然と、
しょこたんが好きなアニメとかのワードに詳しくなっていき。
ちょうどそのときShowTimeで、エヴァのTVシリーズ1話~5話を無料配信してたもんで、見ましたら面白い。
元々エヴァのあと庵野監督がやった「彼氏彼女の事情」が好きだったので、庵野演出が好きなんですね。
それで 新劇場版:序 見に行って、さらにガッツリハマりました。
しょこたんが、「新劇場版でこれからエヴァにハマれるひとがうらやましい」とか言ってたので、
はーい、いまーす(^^)/
中古ビデオで全巻買いまして、 ま、まだ全部見てないんですけど;;;;
でも元々収集体質なんで、フィギュアとかも、集めだしちゃってますねー
ね、ヲタク完全体になろうとしてましょう。


そんな話を友達にしましたら、
「エヴァも見たけど私はガンダムだな」ってことになりまして、
エヴァvsガンダムの全面抗争が勃発しましたww
友達に大阪のプチアキバみたいなとこのフィギュア屋さんに連れてってもらって、
 初号機、、レイちゃん、、と目移りするアタシに、
 これが私が一番好きな機体、 と説明する友達。見事なクロストークでした。

そして、実はその前から、1話は見ていたのですが、
次を見逃して以来あきらめていた ガンダム00(ダブルオー) が、
これまたGyaOで、5日まで今までのを一挙配信してたもんで、
時間ぎりぎりまでに、2話~11話一気見 しました。疲れました;;
まー真面目なアニメですね、ダブルオー
エヴァを見て、00の1話を見て、 なるほど
ロボアニメが好きなひとは 「発進!」とか カツコイイ言葉いいたがり だな
と 思ったんですね。
それはアタシもどっちかったら いいたがり なんでw
納得してハマったわけですが。

00、ストーリーが真面目です。リアルすぎるほどに、外交問題とか、エネルギー問題、民族紛争、宗教、、そこに個人のトラウマだとかもからんで、
真面目です、笑いどころ一切ナシ。
前に、どのシリーズかわかんないけど、ガンダム世代の父親に育てられた甥っこ(通称ガンダムエリートw)が、
えらい深刻そうなアニメを見てて、 こんなん小学1年が見てわかんのか?と思ってたんですが、
ガンダムは完全に、ガンダム世代の大人向けに作ってんですよね、たぶん。
ま、ほんもののアニヲタのみなさんには、いろいろご意見がおありでしょうね。
アタシも、やけにキャラが少女まんがチックなところは気になるっちゃ気になりますけど。


これは最近いろんなものを見るにつけ、思うことなんだけど。
最近のエンタメ界っていうんですかね、作品といわれるもの、
 妙にマーケティングが出来すぎてる っていうか。
こういうキャラとこういうストーリーとこういう画面があれば、こういう人は見るはずだ という
製作意図というか、お膳立て ですよ。
生まれながらのあまのじゃくなアタシには、そんな意図が見えるや否や、げんなりです。
きのう試写会で「銀色のシーズン」という映画を見たんですが、
田中麗奈と瑛太という、アタシには今100%に好きな俳優揃い踏みだったんだけど、
麗奈タンのカワユさ以外、みどころなかったれすOrz
瑛太も好きなかんじの役ではなかったし。(帰ってきて見た「食わず嫌い」に出てた瑛太は萌~え萌えでした*^^*)

やっぱり、作品をつくるには、 マーケティング じゃなく 作者のエゴ が必要だと思います。
世間の顔色なんかうかがって作るものに、感動なんかさせられるかいな
だから 庵野秀明という、 いい意味での変態サン wが作ったエヴァのほうが好きですわ。アタシは

それでは、次回もサービス、サービスぅ w(CV:三石琴乃サンで。)
 Like This.
[PR]
by epoch_ripsf | 2008-01-11 19:57 | アニヲタ初心者道