ブログトップ

LiKE tHIS. ライクディス

epochripsf.exblog.jp

☆Fun9 Bless U !!!☆愛とファンクとオモロとヒラメキ。アモリと申します。

タグ:ENDLICHERI☆ENDLICHERI ( 8 ) タグの人気記事

a0087950_811546.jpg
この写真、携帯で見ると空がむらさきがかっててきれいなんだ けどなぁ。

なんか最近わくわくすんお
新しいことがはじまるヨカン。

ENDLICHERI☆ENDLICHERIから244 ENDLI-xへの改名もそうだけど、
去年、初めてWaterTank2でのfunky partyに行った
5月が近づいてくるのがなんか楽しみ。
別にまだライヴが決まったわけでもないのに、
自分の誕生日が近づいてくるみたいな気持ち
アタシにとって、去年のあの日は新しい誕生日になった
っていっても大袈裟じゃないな。

あの日からいろんな考え方が変わってきて、
何事にも愛を持って対処すること、少しずつできるようになってきた
つよちゃんが背負ってるもんの、何百分の一のプレッシャーでも、
簡単にへし折れそうな自分だけど
生きるってことの 重さ
素晴らしさ

そんなことを日々考えながら、
自分を愛して、誰かを愛して
生きていられることのよろこびを
ちゃんと噛みしめて。

そして、
音楽が楽しいおっ♪
ウォークマン携帯にパンパンのGood Music♪
これがいつでもアタシの味方☆


こないだ車で走りながら、
"FISH DANCE"を聞いてたら
「死なないって決めている」情熱が
急に胸に刺さって、涙出そうになったよ。
本当に、生き抜こう と決めた覚悟が、
今一度、胸に刺さりました。

楽しみだなぁ
今度は大阪でもやってほしいなぁ。
[PR]
by epoch_ripsf | 2008-02-02 08:11 | Luv'n ENDLI-x
きっと
アタシの中にも愛はあって
ちゃんとあるはずだと
信じたい

でも
きっと
それは誰かに
手の中で溶けてしまう前に誰かに手渡さないと
あるって見えない。


だから難しい
人生は難しい

心地よい音楽もアタシを眠らしてくれない夜は
くだらぬ言葉をそっと放ってみるのさ

やっと息ができる
人生は難しい
だから楽しい
そう唱えるのだよ
アタシには愛があるのだから
アタシには I があるのだから

[PR]
by epoch_ripsf | 2008-01-24 02:42 | Luv'n ENDLI-x
おぉっ、めずらしくアグレッシブな更新w
てか続きみたいなもんなんですけど 前記事 ENDLI. Effect報告 こちら

また勝手に造語しました ENDLINK
ENDLIの魂が確実にEffectしてきたアタシには、
関係ないと思われるところにも、ENDLIとのつながりを感じてしまう瞬間が、最近いくつかありました。それをご報告。


林檎女史が出られるというので聞いたラジオで。
それは竹内まりやさんの特集で、不思議なかんじで対談ではなく、まりやさんのモノローグ的なインタヴューと、林檎女史のナレーション(しかし林檎ちゃんはなんであんなにナレ声がうまいの?w)という構成だったのですが、
そのなかでまりやさんが、
さくらを見ながら 「あと何回この桜を見るのかしら私は」って思った
っておしゃってて、それはまさに ソメイヨシノ の曲ができるきっかけになった 剛ママの言葉と同じですよね。
剛くんはそう言われて、 なにゆってんの 何回でも見たらえぇやん って言いつつ、胸の締め付けられるような思いをしたって言ってましたけど、
やはり母となって、歳を重ねるだけ、少しずつ 自分の残りの人生を思ったり、
アタシたち子供が思うより、きっと自然に 自分もいつか死ぬんだということを、考えたりするのでしょう。
まりやさんもけしてネガティヴな意味でそう思われたのではないようなお話だったと記憶しています。 「MUSIC FLAG」番組サイトでテキストで読めます。
まさに母の立場からの ソメイヨシノ でした。

それでというわけではないんですが、
アタシ ”ひとは自分が生まれた季節が好きだ”説 をけっこう信じてまして、
アタシは10月生まれですが、夏が大嫌いで、だんだんと涼しさを感じてくる秋から冬が大好きで、心も落ち着きます。、ま、その頃は誰でもすごしやすいか;
でもそういえば林檎女史が、自分の誕生日前後になると不安定になることが多くて、
それは 生まれてくるとき大変だったからじゃないかって思ってるって言っていました。
そんなことを考えていたら、
誕生日って、 この歳まで生きてこられてよかったねと祝ってもらう日でもあるけど、
思い起こせば、いや覚えてるわけじゃないけど、
 自分が誕生した日は、 お母さんがめっちゃがんばった日 だと。
よく「母親に感謝しなさい」と言われるけど、なかなかリアルに感じられないなぁと思ってましたが、
今年(30)を機に、自分の誕生日には 母にプレゼントをしようと思います。
相変わらずありきたりな形でしか返せないけど、今までの散々な苦労に、やっと少しずつでも返せる気がしてきたので。 
、てかこれ流行らしたい!自分の誕生日に 母にプレゼント



そしてもうひとつの ENDLINK。
体調を崩して寝ていたとき、ラジオで偶然聞いた
Fire Ball の 「PLACE IN YOUR HEART」
弱ってるときとかってなんか、音のひとつひとつが染みる気がするし、意外に素直にメッセージが心に響きます。
レゲエに興味がなくても、ぜひ歌詞(Yahoo!ミュージック)を読んでみてください。いちいち書き出すのがたいへんなくらい、すべて素敵な言葉ばっかりです。
とくに、ENDLIが好きなひとになら、なにか同じ想いを感じられると思います。
 遠い昔 記憶の奥に 優しいぬくもりを感じていて
 不安を抱いて希望は産まれてきた
 我は光 希望の星 そして人が生きてきた証
 今からでも取り戻せる
 心のどこかに 愛のある世界
 海を 空を 越えて探しに行こう
 それぞれのSTORY 繋がっていくために
 長い夜を 遠い朝を 抜けて見つけに行こう
「不安を抱いて希望は産まれてきた」というのが、ものすごく説得力のある、今最高にポジティヴな言葉に思えます。
アタシもぜんぜんレゲエには疎いですが、そんな中でも唯一ちゃんと聞いたことあるグループです。
まだまだひねくれ者というか、そう簡単に人を信用しないアタシなので、簡単にポジティヴな言葉を並べられても逆に冷めちゃうことのほうが多いんだけど、
わかりやすい、聞き取りやすい言葉でまっすぐに伝わってくる それはやっぱ実力の賜物だと思いました。

もうひとつ同じラジオで聞いた
DREAMS COME TRUE の 「きみにしか聞こえない」(歌詞) も相当想いがこもってますね。
ほんとに、なんもかんもすべてどーでもよくなってしまうようなことは、現代生きてると絶対あって、
それをそのままにして、だらだらと生きてしまうと、もっともっとすべてがやんなっちゃって、、
だからどんなちいさなことでも、 信じられる ってことが今すごく大事で きっとすべてを良くしていく
理想論だって、誰かに言えばそれは夢ではなくなっていくのだと信じています。
誰かに必ず届くはずと、このブログを書いています。

またなにかのLINKを感じたり、宇宙から指令があったらw 書きます。
あ、そういえばうちの近所のカラオケ屋の入り口に、なぜか一匹だけエンドリが飼われてます。
前にも一度気になって、おとといちゃんと見たらやっぱエンドリでした。
カラオケ屋さんの誰かがENDLIファン? 聞いてみたい。。
20cmぐらいだからちっさいほうなのかなぁ たしかに魚なのかなんなのか、不思議な存在感がありますね。
アタシは今 金魚が飼いたくてたまらない
、その前に部屋片付けないと;;
 Like This.
[PR]
by epoch_ripsf | 2007-07-16 01:40 | Luv'n ENDLI-x
最近、友達との 生きてる温度差 を感じるのです。
それは、どうも、アタシの温度のほうが高いのでしょう。
いや、友達も ちょっと低すぎるんでもあると思うよ

五月の終わりに、WATER TANKのFUNKY PARTYに行って以来、
困ったことが起きたりしたのも乗り越えて、
アタシ 確実に 何か変わってきてるのを感じてます。
 それを ENDLI. Effect と呼ぶことにしました。 勝手に

ほんとにっ、体感したひとにしかわからないのっ!
とか言うと、何の宗教に勧誘されたの?って感じにしかならないっつか、
元来アタシが、そういう目に見えないものをあまり信じていないタチなのだけど、
そういうものを伝えようと頑張っている剛くんは、
ほんとにすごいことをしてるんだと思うんです。

前にも書いたけど、さらにさらに、
アタシの中に 愛 があるってことを 感じられるようになってきました。
ほんっとに、キレイゴトを言うのは、恥ずかしいどころか、どちらかったら馬鹿にしてきたほうだし、
今だって、 誰かの真似をした感謝や愛なら 要らないと思ってます。
だからアタシは やっと 気づいてきたのかもしれません。
30手前でやっと、もうちょっとで大人になれそうな気がするんです。
そんで、周りの友達もアタシよりしっかりした大人だとは思うけど、
なかなか愛に気づけなくて、なんとなく心が渇いてしまっているんだろうと思います。

今年から新しい仕事を始めて、心身ともにキツイときもあるけど、
ちょっと真面目に仕事をしてないように見えるひとがいると、
「そういう態度は、真面目に必死で働いてるひとに失礼だ」と思うんです。
アタシだってそうとうにいい加減な人間だけど、
言ってしまえばそれは、同じ職場に限らず、すべての必死で働くひとに、失礼なんです。
前からなんとなく思っていて、
自分の今の仕事にあまりにもプライドを持ってない男性 まぁ余裕でそこそこやってるよみたいな言い方とか、
作業としては問題なくできているからといって、愛想が一切ないコンビニの店員とか、
ひとに迷惑かけてないかもしれないけど、失礼だと思うのです。

だから、あまりに温度低く、生きているひとは、
必死に何かに向かって生きているひとに失礼であると、思ったのです。
アタシ自身が、剛くんが必死に愛を伝えようとして生きている姿を見て、
こんなに真面目に生きようとしているひとがいるのに、
なんとなくだらだらと日々が過ぎていく自分を恥じました。
そしてやっと、今日を精一杯生きる ってことが、少しずつわかってきた気がします。
言葉で言われるだけでは、きれいごとでしかなかった事柄です。

いい歳をして相変わらず、ライブや観劇に行くことが、生活すべての目標だったりする、
音楽やテレビが好きすぎて大事すぎる自分を、子供っぽいと恥じる気持ちもありました。
でもなぜみんな大人になると、音楽やテレビに執着しなくなるのだろうと、今でも不思議でたまりません。
はっきりと言葉で理由は言えないけど、確実に今までのアタシの人格を形成してきたと思うし、音楽やテレビはアタシから切っても切り離せなくて、大事さは少しずつ形を変えても、減ってはいないと思います。

ひとを愛するってどんなことよ?って つい最近までまったく実感のなかったアタシですが、
それは別に、男女関係のことや、家族を愛するのは当たり前だから みたいなことでなくても、
一生懸命に生きているひとを想って、自分も一生懸命に生きようとする ことからはじめてみようと
だから剛くんという、物理的には身近なひとじゃないけど、彼を想う気持ちがアタシの愛の第一歩です。
そして、心が渇いてしまいそうなすべてのひとに、そういう存在の誰かがいればいいのになって
思います。
そうやって少しずつ、ひとりずつ ひとの心がやわらかく潤っていくことが
アタシには身近な友達に対しても願うことだし、
ENDLICHERI☆ENDLICHERIを通して、剛くんが目指していることなのかな と思います。

で、なんかこないだ、仕事からの帰りに歩いていたら、宇宙から指令が来て、
 生きてる限り ひとを 愛せ  って。
、こんなこと言ってると説得力なくなっちゃうかもしれないけど、
アタシはときどき、考えフェチって考えてることの答えが、ふとしたときにぽんって単語や言葉になって浮かぶことがあって、そうするとたまにブログをあげたりするんだけど
こんな弱小ブログでも、ちょっとずつでも見てくれるひとがいるなら、その中にアタシの考えを理解しようとしてくれてるひともいて、
もし、たったひとりでも、アタシの言うことで誰かの何かが変わったりすれば
すごくない?
そんなわけで、アタシはここに 大宇宙防衛軍(着Sankakuボイスより) の一員になることを宣言します! 勝手に
ライブのMCで剛くんが、「もしかしたら僕は、前世でもこうやって人の前に立って、何かを言う立場だったかもしれなくて、今日来てくれたみなさんも、それを聞いてくれてたひとだったかもしれない」って言っていたのがうれしかった。

しばらくENDLIの活動はなさそうだけど、(なにしろKinKi 10th Anniversary!)
ずっと、続いて 繋がって いくものだと思っています。
また報告します。
 Like This.


、あ、そう、ケリーの愛のおかげで、久々に;、好きなひとができました。*^^*
[PR]
by epoch_ripsf | 2007-07-16 00:56 | Luv'n ENDLI-x
a0087950_21413.jpg
サンカクちゃん、じゃがりこくう?


いい加減つづきをあげないと。
いやいやしかし、個人的に大変な事変が起きてしまい、ここ1週間悩み続けてまして。疲れました

しかし!それ救ってくれたのも、結果ケリーでした。
ケリーの 愛 でした。 これホント。


ライブのアンコールで、「昨日は、なんかおもろいことあったかなー」ってかんじでフリートークを始めたつよちゃん。でも結局ネタが見つからず、「えっと昨日も来てたひとはどのくらいいんのかな?」と確かめたうえで(実際1割くらいはいたように見えて、アタシにはうらやましーぞ)、昨日話した
ご飯やさんで隣りに居合わせた、中身のない話をする人たちの話。そっからだんだんノってきちゃって、ウェイターさんのおもしろミステイクやら、いまどきビックリするほどキザな男の目撃談など、
途中から剛くんが、完全に自分で話してることがおもしろすぎて、ってかんじのテンションで話してたのが良かったです。もちろんアタシも爆笑してました。

そこでトークにノリにノったわけですが、「じゃあ最後に、ちゃんと真面目な話も。」って言いながら、このENDLICHERI☆ENDLICHERIというものを通して伝えたいことを語り始めました。
すごく丁寧に、言葉を選んで、一言一言 説いて いくように
彼が幾度となく口にするのは 愛 という言葉。
毎日起こるやりきれない事件は、きっと歪んだ 愛 が生んでしまうもので、
でも今そこから目をそらすことはできなくて、
ただできることは、自分の身近なひとを 潤った心で 愛 すること。
正直彼に好意的でない人が聞いたら、 理想論だよ と突き放してしまうかもしれない。
アタシがそう言えるのは、少なからず心のどこかでそう思ってるからだろう。
でもライブに行く前にも、ENDLI☆TVを見て、
小林武史さんとケリーに共通すること、
  音楽で世界を変えようとしている こと。
そう簡単に変わらないことを知ったうえで、でも 音楽でひとの心は変わる ということを信じて、
そこから世界を1mmずつでも動かしていこうとする 音楽家がふたり 出逢っていた。

そう感じても、なかなかどうして 愛を信じるという行為 はアタシには難しく思えた。
はっきりと 愛 を感じたり、誰かに 愛 を渡してあげたり アタシにはまったくと言っていいほど実感がなかった。
誰かに優しくしてあげたいな と思っても、果たして何ができる? と立ち止まってしまう自分が見えた。
でもあの水槽の中でケリーが放ち続けてた 愛 、それに応えるように 愛 をかえし続けたオーディエンスのみんな
あの不思議な空間に 確かに 愛 はあった気がする。
やっぱり、まず彼のことを 愛 してない人には果てしなくわかってもらえないかもしれないけど、

ライブが終わって通路を通るひとたちが、パネルの写真の剛くんをいとおしそうになでながら帰っていく
外に出るとお台場の観覧車が七色に光っていた
ゆりかもめには謎の紫色の物体w(Sankakuのぬいぐるみが入った袋ね)を抱えたひとだらけ
窓に少し雨の滴がついたのが ラメみたいに細かくて 夜空にキラキラ光ってとっても綺麗だった

そんな風に幸せを感じながら東京駅に急いだ。アタシはまた夜行バスで帰って明日の昼から働くという無謀なスケジュールにも、まだ体力は残ってる気がした。
そして帰ってきてからますます、アタシの心の中に、体の中に、ケリーからもらった 愛 があることに気がついた。
うまく説明できないけど、また仕事をしていて心がガッサガサに乾いてしまいそうなときも、あの幸せな夜のこと思い出そう 一瞬でも、世界中に優しくなれそうな気がしたあのとき。
そして、それから1週間後に起きた予期せぬ事変。情に流されるってことを思い、死ぬほど悩んだアタシは、思い出した。
アタシはあのとき、ケリーの 愛を信じた 果てしなく幻のように思えるものを 信じてしまった
だからそれは幻ではないのよきっと!

なにより彼が、堂本剛というひとが生きていることが、そして同じ時代に立てていることが、今のアタシにとって希望です。
彼が、悩んだり傷ついたりしながらも 愛を信じて生きている
その姿のすべてが美しく いとおしくて たまりません

、真夜中パワーで少々熱が上がってるかもしれませんが、心底思ってることなんです。
ひとのお歌を借りて言わせて戴けるなら(剛くんも好きだと思うからさ)、
  アタシは君のメロディーや その哲学や言葉全てを守る為なら
  少し位する苦労もいとわないのです
まさにそういうことです。

   何時も思っているからね
          Love U, CHERI☆

 Like This.
[PR]
by epoch_ripsf | 2007-06-11 21:04 | Luv'n ENDLI-x
やヴぇ。また放置プレイしかけた;しかも前編書いたところでねぇ 無駄にスキンかえてみたりしてねぇ
とりあえず後編にもまとめらんなそう;;途中まで。

結局3時間超もあったライブ全部を追って書いていくときりがないので、
箇条書きってかんじで、
いちいち語尾に  がつくかんじのw、
興奮ポイントをレポします。

えっとさぁ!(←はやいはやいw)
とにかく踊りまくりました!
最初と最後に演出的なものはあれど、ほとんどがとにかくFUNK!とにかく音楽メイン、Power Of Music!なかんじでした。
だからDVDで見る限り、前回の横浜んときのほうが、剛くんも踊ったり、コーラスのみんなといっしょに踊れるとことか、寸劇?無言劇?みたいのあったり、曲も前のソロのときのもやってたし、いろいろバラエティには富んでたのかな。
でもアルバムが、前回が 昼 なら今回は完全に 夜 だなと思ってて、
ライブが始まったの5時過ぎでしたけど、WATER TANKの中には夜が来ていました。
大人っぽくて、男らしいかんじ。

たぶんだいぶ後半までMCがなくて、曲とセッションが続々と、正直どこまでがどの曲だかわかんないかんじで続いて、
アタシはバラード以外は踊りまくってましたけど、
そう!なんで?なんでみんな「FISH DANCE」で踊んないの?!
たしかに普通のリズムではないから手拍子できないのはわかるけど、みんなピタっと止まってしまって、「えっ?」ってなりつつ、アタシは予告どおり好きに踊り狂ってきましたけど、なにか?
やーあらためて、 音楽で血が騒ぐ というのを思い出して。

ブラスの音! はっきりいってフェチなんです。もう、興奮しちゃった☆
メンバー紹介でおひとりづつ吹かれたとき!倒れそうでしたw。
ギター王子! wを見つけました。名越さんっ
マボロシファンのアタシとしては竹内"セクシー"朋康の登場も期待していたのですが、今回は名越由貴夫さんで、
アタシの中でブーム再燃中のCharaちゃんのギターでもおなじみだし、Salyuちゃんのライブでも拝見したことがあって、長身でさらさらロングヘアーのイケメンさんだわー と思って、勝手に物静かげなイメージを抱いていたのですが、
剛くん、西川さん、名越さんのギターセッションバトルみたいになったときに、かなり名越さんがリードしてたというか、コロガシのモニターからジャンプしはったり、マイク奪ってスキャットしちゃたり、あとのふたりがそれに続いてるかんじでしたからね(西川さんにいたっては ニャーとかワンとか言ってはった気がするw)。長い髪をなびかせてジャンプしはったのを見て、
あ、王子がいた と☆;’ 
あんまり今までギタリストにときめいたことがなかったんで初体験でしたw。

ドラムのしょうこさん! かわいいっ 
剛くんがMCで しょうこさん って言っていたんで剛くんよりは年上なのかなと思うけど、見えない!DVDで見たときからなんてかわいいひとがドラム叩いてはるんだとドラムフェチとしても萌え萌えで、てかコーラスのYu-kaちゃん&TAMAちゃんといい、なんていうかわいこちゃんに囲まれて毎日ライブできる 剛がうらやましい (そっちか!)と思ってたりして。
でも、剛くんが 女ベーシスト 好きというのを聞いて、たまたまアタシの親友がふたりともベース経験者であることをうらやましく思ったこともありました。(挫折したクチでしたアタシは;)

そして CHAKAさん! かっこいいっ!
途中でCHAKAさんが英語でMCっていうかアジり?みたいにしゃべりだしたとき、
え?ここはどこ?何年代のどこの国? ってかんじですっかりFUNKマナーなかんじになっちゃって。さすが!
最近偶然借りたCDで、偶然ひさびさにPSY・Sの曲を聞いてたんですが、かわいい声なんですよねーCHAKAさん。
昔CHAKAさんのラジオとか聞いてた記憶があって、「元々小さいときからジャズやソウルを聞いて育ってたんだけど、PSY・Sではまったく違ったキラキラしたポップスを歌うことになって。」みたいな話をされてたのを思い出して、まさに今E☆Eでやってはるのは、CHAKAさんの血に流れてるものってかんじがしますね。Great FUNKY SISTA!ってかんじでした。
もひとつCHAKAさんといえば、DVD「胸宇宙 Documentary」の中で、剛くんの誕生日にバンドのみんなもプレゼントをあげてて、
CHAKAさんがオリジナルのエンドリのハンコをあげて、「これオレのん。」っていうものに押せばいいじゃん って言ったら、剛くんがCHAKAさんの手にぺって押してさ、そしたらCHAKAさんが「あーそういうことするでしょー、このー、ガキがーw」って言ってたのがすごく好きで、
なんか、弟じゃないけど、甥っ子みたいなかんじでかわいがられてそうだなー なんて想像していました。

その同じDVDで、コーラスのりんこさんがコメントしてはったことが、アタシもおこがましく共感しちゃったんですけど、
もっと軟弱なかんじで、少年っぽいナイーブなところを大事にしてやってんのかと思いきや、どんどん男らしく逞しくなってってて みたいなこと、
今回のアルバムとライブからアタシも強く感じました。


(さて着地点がみつからないダラ文 まだ続きます。)
[PR]
by epoch_ripsf | 2007-05-29 23:31 | Luv'n ENDLI-x
a0087950_2014159.jpg

とりあえず書きます!

5/27(日)のFUNKY PARTYに行ってきました。
at ENDLI. WATER TANK 2。
お台場の海のすぐそばにありました。
アタシは前日の夜バスに乗って、早朝東京に着き、しばらく原宿のネットカフェでヒマをつぶしてて、
Y○utubeで、カエラたんのころのSakuSakuに剛くんが出てるのを見て、ヴィンちゃんを寝かしつける剛に萌え死にしそうになったりしていました。
ちなみに昨日は帰ってきてKinKiのラジオを聞いて、光ちゃんに電話をかけてもらって感激するリスナーの子たちに萌え死にしてました。特に最後の12歳の女の子、めちゃくちゃかわいかったぁ
 おっと、それはさておき。

ネットカフェで着替えてたら、家に上着を忘れるという第一関門を自ら科してしまい、とりあえずありあわせのものを着て、服を買いに行くことにしました。必要以上に冒険しないアタシなので、大阪でよく行くHanjiroへ。日曜日の表参道、ド田舎もんのアタシには日差しの暑さと人の多さとゴスロリの多さに飲まれないわけがありません。ほかの店もちらちら覘いたりはしましたが、とにかくさっさとお台場方面へ向かうことにしました。
 えー前置きが大変長いですが;;
そんで、ゆりかもめに乗ってお台場に向かうと、近づくにつれ海が見えてきました。そうすっとなんか落ち着きましたね。別に海っ子ではないんですけど、水を見ると落ち着くなぁなんてはじめて思いまして。
お台場は風がここちよく、わりとのどかでした。

さて、列に並んでWATER TANKに入ります。ドアを止めてある紐も紫色に統一してあるところにほくそ笑む。お客さんの紫着用率も高かったですね。
ロビーに入ると、グッズ売り場は半円のカウンターになってて、その列の仕切りも、ちっちゃいミラーボールみたいなのが連なったロープ(よく雑貨屋でのれんとして売ってあったりする)、それもちゃんと赤紫みたいな色で、立ててあるポールもホログラムのテープが巻いてあって、手作りっぽいけど仕事が細かい!なんて感心。
念願だったSankakuちゃんのぬいぐるみ、意外とデカイw。ガチャガチャは3回やって、RANIBOW ENDLI9バージョンが2個と、シルバーが1個。確率的にレアなんだかどうかはわかりません。
ほかにはベンチと、今までのライブの写真がいっぱい貼り付けてあるボードがあって、みんな見入っていました。アタシの後ろにいたひとが、
「あー見てー、あのケリーさんめっちゃ笑顔。かわいー」って言ってて、みんな前を向いてるからわかんないけど、たぶんみんなついつい笑顔になっちゃうような、楽しそうな写真ばっかり。お客さんの笑顔も撮ってあるんです。

さあいよいよ客席に入ります。
あ、でもひとつ心残りだったのは、トイレに行かなかったこと。別に行く必要がなかったし、帰りは時間なかったんだけど、トイレもなにかしら凝ってあったんではないかと気になるw。
客席への通路は三角のトンネルになってて、下は水の中にビー玉が入ってて7色のライトが光る透明の床。そこをくぐりぬけると、スタンド席横の壁にもライブでの写真がパネルにして貼ってある。
客席から見て右側の壁には大きな龍のオブジェ。天井の照明のトラスもうねうねと蛇行していて龍みたい。
もうとにかく、まさに徹頭徹尾、オリジナル!簡単な言い方だけど、ほんと遊園地に来たみたいにわくわくしてくる。会場に入ってしまったら、すんなりと、別世界に入ってしまったかんじ。
席を探したら一番後ろだったんだけど、階段状なので見えやすくなっていました。
ロビーもそうだけど、BGMは必ずどっかで聞いたことある明るいファンクの名曲がかかってて、ますますうきうきしてきます。

開演時間少し待たされて、そして意外にも静かに、
ライブはケリーの声からはじまりました。


さて周辺情報だけで前編ですw。
ライブのことも事細かに書いてるときりがないので、次記事「興奮のライブ編」へ続きます。
[PR]
by epoch_ripsf | 2007-05-29 20:14 | Luv'n ENDLI-x
a0087950_21222513.jpg
中身はふうせんでした

日曜に
東京までケリーに会いにいくので
少々浮き足立ちつつ
仕事をして帰ったら

ゴールドガチャガチャ当たってた!!

マジデーーーーーーー!!!!???
もちろんライブ行ってもガチャガチャする気まんまんだったんだけど
、ほんとにライブにも行けずガチャガチャ当てたかった人にちょっと申し訳ないような、
だって当たるとは!!
 てことは ならみやげ は当たんなかったってことかなー (贅沢いうな!)

やーしかしっ アタシ的にものすごいグッタイミンでびっくりしちゃいました 当たる人がいるから、プレゼント企画なんです。
当たり前ですけど、まさか自分に当たると思わないじゃない?どうしても。
 あー運使っちゃったなー
とか言わない!もっといいことある前兆だもの!だものっ!
とにかく東京旅が無事いきますようにと。


  この胸のときめきを 誰に伝えよう
というわけで、急に復活してみました。
  この胸のときめきを さぁ誰に伝えましょう!
って相手がいまいち見つからなかったので;;ブログにしました。(べつに友達いないわけじゃないけど、ガチャガチャの価値をわかってもらうのに説明がいるなーと。いいわけ)
まだこのブログ続けていくのかどうなのか、決まってもないし、むしろ決めなくても誰も困りゃしないんだが。
ま、ただ単に
  この胸の (、しつこいですか?)
ってだけで。

ケリーのアルバムを聴くたび、M2「White DRAGON」のイントロで
 ドラムどんだけタイトやねん!
と、なぜか逆ギレまじりで興奮してしまう、ドラムフェチです。
M5「FISH DANCE」のブラスのかんじもたまりません。ライブでやるなら踊り狂ってきます。
M6「DARLIN'」はもう完全にR指定ですw。ドキドキしちゃいます。
M7「宇宙の雨はね 二人で」できゅんきゅん。
後半ぐいぐい上がっていくかんじもサイコー。
最初聞いたとき浮かんだ言葉は、「筋肉」でした。とても筋肉質なアルバムだと思った。
無駄が削ぎ落とされて、より男らしい逞しいかんじがした。
もう貴方は無敵☆ そう思ってて。ケリー
さーさー いままで受け取って溜め込んできた 愛 かえしに行くよー!
[PR]
by epoch_ripsf | 2007-05-25 21:22 | Luv'n ENDLI-x